失業保険をもらいながら短期アルバイトで働く

フリーターこそ知っておくべき話

フリーターの必須知識!

フリーターこそ知っておくべき話

給付期間は短期アルバイトをしよう

失業中は失業手当をもらいながら再就職先や新しいアルバイト先を探します。しかし失業手当が出るとはいえ、生活費をまかなうには足りないケースも多いでしょう。そんな時におすすめなのが「短期アルバイト」なのです。

失業保険の対象から外れない方法

失業をして失業手当をもらいながら生活しているものの、やはり生活費が足りなくなる不安や働かないことに対する落ち着かなさというものがありそうです。その不安を解消するためにアルバイトをする人も多いのですが、失業手当をもらいながらのアルバイトには注意をする点があります。
それは「週20時間以上」「月に14日以上」アルバイトをすると失業保険の対象から外れてしまうということです。仮に週21時間以上アルバイトをしたことがハローワークにばれてしまうと、失業手当を受給することができなくなってしまいます。そのため失業手当を受給している期間はこの制限内に抑えることがとても大切になります。この制限以内であれば、失業手当を受給しながらアルバイトをすることは全く問題がありませんし、実際にアルバイトをしている人もたくさんいます。

給付期間は短期アルバイトをしよう

高時給&短時間のアルバイトを狙え

失業保険の対象から外れないための制限「週20時間以上」「月に14日以上」アルバイトをせずに、必要なお金を稼ぐためにはどうすればいいでしょうか。この制限で注目したいのが「時間」と「日数」に制限があるものの「稼いだ金額」には制限がないという所です。このことを踏まえると「高時給」のアルバイトを「短時間」行うことが最良の選択だといえます。時給が1000円以上のアルバイトを狙うと効果的でしょう。そして高時給のアルバイトを探すときには短期アルバイトを狙うと、たくさんのアルバイト先がみつかるでしょう。仮に時給1250円のアルバイトを一日6時間、週に3回すると、月収9万円になります。失業手当と合わせると十分生活ができるのではないでしょうか。それでいて「週18時間」「月に12日」と、制限以内に収まっています。失業保険の対象でありながら、最大限アルバイトで稼ぎたいというかたは、このあたりを目安にしてアルバイト先を探すとよいのではないでしょうか。
長期アルバイトの場合はアルバイト先の都合でシフトを自由に選べないこともあります。どうしても抜けられないシフトのために、制限オーバーになってしまっては本末転倒になってしまいます。その点でも短期アルバイトを選択した方が融通が利いていいでしょう。

短期アルバイトを探そう

短期アルバイトに狙いをつけたら、実際に短期アルバイトの求人情報を探しましょう。その際におすすめなのが「求人サイト」を利用することです。求人サイトなら会員登録をするだけで、いつでもどこでも最新の求人情報を得る事ができます。また求人サイトには優れた検索方法があります。エリア・職種・時給などで求人情報の絞り込みを行うことができるだけでなく「未経験者OK」「服装自由」などのこだわりの条件でも絞り込めます。「短期」「短時間」「時給1000円以上」などの条件で検索をすれば、失業保険の対象から外れないで働くことができるアルバイト先をみつけることができるでしょう。

辞める前に読んでおこう