短期アルバイトで働く場合も面接時の服装は気を付けて

フリーターこそ知っておくべき話

フリーターの必須知識!

フリーターこそ知っておくべき話

面接は服装に気を付けよう

短期アルバイトの面接だから服装や髪形はいい加減でいいやと考えている人も多いかもしれません。しかし採用担当者は短期面接だからこそ服装を厳しく見ているケースもあります。今回は短期アルバイトの面接を合格するための服装について紹介していきます。

服装には注意が必要

短期アルバイトの面接といえども、ファッションには気を配りましょう。短期アルバイトの場合、採用担当者は履歴書の経歴よりも「現在、どのような状態か」をチェックしています。問題を起こしそうな人を採用しないように、なるべくきちんとした人を採用しようと考えていますので、その希望に沿うような服装で面接に臨みましょう。
まずどのアルバイトにも共通して大切なことが「清潔感がある服装」であるということです。無地のシャツにジャケット、ズボンなどが男女問わず無難なファッションになるでしょう。シャツやズボンも直前に洗濯をしてアイロンをかけると清潔感が出ます。特に女性が注意したいのが露出の多い服装です。胸元が大きく空いている服装などは避けた方がいいでしょう。また服装とともに注意をしたいのが「髪型」「髪の色」「ひげ」「化粧」「ネイル」などです。ボサボサに伸びた髪型や明るすぎる髪の色、無精ひげ、濃すぎる化粧、てんこ盛りのネイルなどをして面接に臨むのはやめましょう。

面接は服装に気を付けよう

スーツを着るか否か

面接に臨むならいっそスーツを着たほうがいいのではないかと見る向きもあります。もちろん業界や職種によってはスーツを着たほうがいいケースもあります。基本的に室内、オフィス内でする仕事で机を前に仕事をする仕事の場合はスーツで面接に行くと間違いがないと思います。多少周囲から浮いてしまったとしても、面接で不利に働くことはありませんのでおすすめです。
逆にガテン系の力仕事などをするバイト先の面接の場合はスーツを避けたほうがいいでしょう。仕事先の人にスーツを着ている人がいませんし、採用担当者もスーツ姿の面接者を想定していません。そのため面接開始時に変な空気になってしまうことも考えられます。清潔感があるシャツとズボンなどで面接に向かうといいでしょう。

アルバイト別面接ファッション

アルバイト先により求められるファッションは変わります。基本的に実際に働き出した時に着る服装から想像して、面接時にも着用するのがおすすめです。例えば「塾講師」のアルバイトの面接に臨む時はスーツ着用が無難です。実際に塾講師をする時もスーツ姿で仕事をするからです。「ファミレス」などの飲食店のアルバイトをする時は、清潔感のある服装を心がけるようにします。ネイルや無精ひげ、明るすぎる髪型も避けましょう。もしも面接に合格して働きはじめると、ネイルは外しひげも剃る必要がありますし髪型も地味にする必要があるからです。「軽作業」の仕事の場合は、実際に仕事を始める時には服装は問われません。そのため面接でも比較的服装を自由に選ぶことができます。ただし採用担当者に一緒に働きたいと思ってもらうことが大切です。やはり清潔感がある服装を心がけると採用されやすくなるでしょう。

辞める前に読んでおこう