失業保険の制度!再就職手当について

フリーターこそ知っておくべき話

フリーターの必須知識!

フリーターこそ知っておくべき話

就職すれば手当が貰える

失業手当を給付されている途中に新しい再就職先や失業保険が適用される制限を超えた長期間のアルバイトが決まると、残りの失業手当を受け取らずに働きはじめることになります。しかしいくつかの条件をクリアすると「再就職手当」として残りの給付金の一部を受け取ることができます。

再就職手当をもらうための条件

それでは「再就職手当」をもらうための条件を確認していきましょう。「待機期間を修了している」「受給資格が決定した後に、再就職が決まった」「給付日数がまだ3分の1以上残っている」「再就職先で失業保険に加入をし、さらに1年以上の雇用も見込める」「以前再就職先に雇用されたことがない」「過去3年間を振り返り、再就職手当を受給していない」「再就職手当の申請を行い、その直後に離職していない」という条件です。待機期間は7日間になります。また失業手当の申請をして、受給資格をハローワークに認められた後に再就職が決まる必要があります。1年以上の雇用の見込みはあくまで見込みですので、確約をとる必要はありません。
また再就職先が以前に勤めている会社やアルバイト先への出戻りの場合は手当を受け取ることができません。関連会社でも認められませんので、アルバイトの場合は同じチェーンのアルバイト先でも認められません。また再就職手当の申請をした後に、手当てがもらえるのを見越して、すぐに退職をしてはいけません。1年以上の雇用の見込みが条件になっているように、基本的には継続して働き続けることが条件になっているからです。

就職すれば手当が貰える

再就職手当を計算してみよう

再就職手当の計算方法を見ていきましょう。失業手当の給付日数の残り日数によって変動します。3分の2以上給付日数が残っている場合は「(残り所定給付日数×60%)×基本手当日額」という計算式になります。3分の1以上の場合は60%が50%に下がります。そして基本手当日額はには上限があり、5870円までとなっています。そのためその金額を超える人は5870円で計算します。
それでは計算をしてみましょう。所定給付日数が120日で、まだ給付が始まり30日、基本手当日額が4000円の人の再就職手当はいくらでしょうか。まだ給付日数が3分の2以上残っていますので係数は60%になります。計算式は(残り90日×60%)×基本手当日額が4000円=21万6000円になります。

そのほかの手当ももらおう

再就職が決まったけれど、再就職手当をもらうための条件に合わない人もいるでしょう。そのような人も手当をもらうことをまだあきらめないでください。再就職手当に似た手当がいくつかありますので該当するかどうかチェックをしてみましょう。まずは「就業手当」です。条件は、待機期間を過ぎ、所定日数が3分の1以上、45日以上残っている状況で再就職をした人であること。なおかつ再就職先での雇用が「1年以上見込めない」ケースで給付できます。
また60歳以上で再就職先での雇用が1年以上見込める人、また給付日数が100日以上残っている人は「高年齢者雇用継続給付金」を受け取れます。そして失業保険の受給資格を持っている人が会社を創設した場合は「受給資格者創業支援助成金」を受け取れます。会社を創業して1年以内に従業員を雇用した場合、上限200万円で創業の費用の3分の1が支給される仕組みです。

辞める前に読んでおこう