アルバイトの失業保険について知る

フリーターこそ知っておくべき話

フリーターの必須知識!

フリーターこそ知っておくべき話

知っておこう失業保険

「明日仕事を失ったらどうしよう」これはフリーターとして生活をしている時に襲われやすい不安のひとつです。「会社員なら失業保険に入れるのに、フリーターは何も保証がないから」と言葉を繋げる方もいらっしゃるでしょう。もしかしたら正社員以外は失業保険に加入できないと思っている方々がいらっしゃるかもしれません。しかしフリーターでも失業保険に加入することができます。それも「ほとんどのフリーターの方が失業保険に入れる」のです。むしろ私は「フリーターこそ」失業保険に加入するべきだと考えています。このサイトではフリーターのみなさんに、失業保険について、加入の条件、手続きの流れなどについて紹介していきたいと思います。

フリーターでも失業保険に入れる

失業保険を自分とは関係のないものだと考えていらっしゃるとしたら、このサイトに訪れたのをよい機会にして、考えを改めていただきたいと思います。「いくつかの条件をクリアすればアルバイトでもパートでも失業保険に加入することができる」「職を失ったら失業手当を受け取ることができる」のです。まずはこの事実を知った上で、失業保険を身近な存在にしてもらいたいと思います。失業保険に加入していると、何らかの理由があって仕事を続けられなくなってしまったり、職場を解雇されて失業してしまったときに大変助かります。再雇用までの一定期間に「失業手当」という名目のお金を受け取ることができるからです。仕事を探している間に、生活費の足しになるお金が入ってくるのは大変心強いのではないかと思います。

知っておこう失業保険

フリーターこそ失業保険に加入しよう

フリーターという立場上、職場の都合で退職を余儀なくされるケースも少なくないでしょう。その可能性は正社員よりも確率が高くなるはずです。職を失うリスクに対する備えは常にしておくべきでしょう。またフリーターには有給休暇がありませんので、働かなければ給料を得ることができません。しかし一時的に働けなくなった時、申請をするだけで失業手当を受け取れる補償があれば心強いのではないでしょうか。
失業保険に加入をしていればそれらのことが可能になります。失業保険の保険料は雇用主との折半になりますので、高くても月々2000円程度とたいした負担にはなりません。しかし失業時の備えとしては十分に効果的です。失業手当と短期のアルバイトを組み合わせることで不足のない生活を送ることができるでしょう。いかがでしょうか。ぜひこのサイトをきっかけにして「フリーターだからこそ失業保険に加入する」という考えを共有してほしいと思います。

閲覧推奨環境

当サイトを快適にご利用いただくために、下記条件を満たした環境をお勧めいたします。条件を満たさない環境下でご利用頂いた場合、正しく表示されない、動作しない等の現象が起こる場合がありますのでご了承ください。
<ブラウザについて>
当サイトを快適にご利用いただくために、下記のブラウザでの閲覧を推奨しております。
・Internet Explorer 10.0 以上
・Firefox 17.0 以上
・Chrome 23.0 以上
・Safari 5.0 以上
<ディスプレイおよび画面解像度について>
当サイトは、1024×768以上でご覧いただけるようにしております。さらに、快適にご覧いただくには1280×1024以上の画面解像度を推奨しております。サービス/コンテンツにおいて表示される色は、お客様のご利用しているディスプレイ・モニタの種類、規格によって異なる場合がありますのでご了承ください。
<JavaScriptおよびスタイルシート(CSS)について>
当サイトでは、CSSやJavaScriptなどの高度なWeb技術を使用しております。そのため、これらの技術と互換性のないブラウザや、バージョンが古いブラウザにてご利用いただいた際に、部分的に機能が制限されたり、また正常にページが表示されない場合がありますのでご了承ください。
<クッキー(Cookie)について>
当サイトでは、訪れたお客様へより快適な閲覧環境を提供するためにCookieを使用しております。ブラウザの設定でCookieの受け入れを拒否している場合、正常に機能しない場合があります。ブラウザの設定で、Cookieの受け入れを許可するようにしてください。

辞める前に読んでおこう